Driver in Osaka

求人情報を駆使して運転手を目指せ|華麗に転職する技

職業ドライバーの収入

歩合の要素が高い

男性

タクシードライバーの年収は全国的な平均で250万円から290万円と比較的低めです。
タクシードライバーの実質稼働日数は11日から15日と言われており、逆に一日の労働時間が長いことが多いでしょう。
タクシードライバーの平均年齢は60代で、50代後半以上のドライバーが70%程度となります。
第二の人生として働けるうちは働きたいと、ハンドルを握る人も多いので、働き盛りの30代、40代とは異なり、マイペースで仕事をしている人も多いです。
タクシー会社の多くは歩合制を採用しており、乗客から受け取る料金が多ければ多いほど収入が高くなります。
首都圏では500万円を超える収入がある人もおられますが、稀なケースです。
タクシーは客待ちが長く、待った結果近距離客を拾うと客単価が低くなります。
客単価を上げるためには長距離で乗ってもらうポイントを探すことで、年収は上がるでしょう。
高齢者の利用客をリピーターにつけることも年収を上げることになります。
高齢者はドライバーを指名することが多いです。
気に入ってもらうことで顧客化できます。
顧客化を成功させるためにも、お客さんが満足できるサービスを届け、安全な運転を心がけるようにしましょう。
また、これから先タクシードライバーへ転職をしたいと考えている人は、自分に合ったタクシー会社を見つけることが重要となります。
現在は、求人雑誌や転職サイトなどを利用して情報を得られるようになっています。
しかし、求人を掲載しているタクシー会社によっても、給与面や待遇などが異なるため、働きやすさや年収などを考慮して、応募先を決めるとよいでしょう。

職業に関係する理由

乗り物

タクシードライバーの仕事に興味がある場合、まずは年収を調べておいた方がいいでしょう。
タクシードライバーの平均的な年収は、298万円です。
タクシードライバーの職業年数などにもよりますが、全ての人を平均したのがこの年収です。
平均的な男性の年収と比べると、やや低めとなります。
しかし、これにはいろいろな理由があり、タクシードライバーならではの働き方や給与制度が影響しています。
年収にはその職業による理由があるため、それをまずは理解しておく必要があります。
タクシードライバーの働き方は、一般的に長時間勤務となります。
1日の労働時間が18時間のところが多く、夜勤が含まれる場合もあります。
そのため、1か月の休日はとても多く、労働日数にして見てみると1か月あたりの11日から13日が平均出勤日数となります。
それ以外は全部休日となるので、こういった働き方から年収を受け止めていかなければいけません。
次に、タクシードライバーの給与は歩合制のところがほとんどです。
歩合制は自分が頑張った分だけの利益が給与に反映されるので、給与に差が出てくることもあります。
収入を高くしたいのならば、努力次第で収入が多く得られる制度となっているのです。
他にも、タクシードライバーは都心部と地方では年収に大きな差が生まれてしまいます。
都心部はタクシーを利用する人が多いため、東京のタクシードライバーの平均年収は400万円となっています。
一方、地方は人口そのものが少ないという特徴から、年収が低くなってしまう傾向があります。
このような理由からそれなりの年収を目指すには、地域にこだわったり、努力を続けることも大切です。

給料に差が出るポイント

おもちゃのTAXI

高年収をキープし稼ぎ続ける人とあまり稼げない人の差が激しいタクシードライバーですが、年収に差が出る理由があります。
タクシードライバーの給料は歩合制の会社がほとんどで、売上の約60パーセントほどが貰える給料になります。
つまり多くの客を乗せてより長い距離を走ったドライバーほど年収が高くなります。
年収を上げるためにもっとも重要なのは、自分に合った勤務体制をとるということです。
タクシードライバーの働き方は大きく分けて三種類あります。
一つは日勤といい、昼間に仕事をする働き方です。
ほかの会社と変わらず昼に働くため体力の消耗は緩やかですが、深夜の割増がなく電車もまだ動いている時間であるため売上は伸びにくいといえます。
二つ目は夜勤です。
夜から明け方にかけて仕事をする方法で、電車がない時間であるため利用者が多く深夜の料金割増があるため稼ぎやすいでしょう。
しかし毎日夜勤を続けるには体調面の心配があります。
三つ目は恪勤という、丸一日仕事をして丸一日休む働き方です。
深夜帯も運転するため年収は安定しやすく、月に17から20日ほど休みになるため自分の時間も多く取れます。
売上金額を急に伸ばしたいなら夜勤が、長期的に安定した金額を稼ぎたいなら昼勤か恪勤がおすすめです。
自分に合った勤務体制を選ぶことで身体の負担が減り、自然と仕事の効率が上がって年収も上がることが多いです。
また、働く土地でどこに利用者が集まりやすいかを知っているタクシードライバーは年収が高いことがほとんどです。
限られた時間の中で効率よく仕事をすることが年収の差に繋がっています。

就職に臨む前に

玩具のバス

バスの運転手に就職するには、最初にバス会社の求人に申し込んで、会社からの案内で説明されている書類を準備し送り届け書類選考を受けます。書類選考に通ると性格審査や面接、運転技能試験を受け、これに合格すると健康診断を受け、さらに審査を経て内定をもらうという流れになります。

もっと読む

職業ドライバーの収入

男性

タクシードライバーの年収は意外に低く250万円から290万円と言われています。タクシードライバーは歩合制で収入が変わるため、努力次第で年収がアップすると言われています。客単価を上げる工夫をすれば年収が上がります。

もっと読む

需要の高い運転の仕事

婦人

運転手の仕事といっても、どの職種に就きたいかによって仕事内容や給料のシステムが異なります。大阪では、運転手としての求人が豊富に揃っていますので、未経験からでも勤務することが可能な企業もあります。さらには、資格取得のためにサポートしてくれる会社も存在します。

もっと読む