Driver in Osaka

求人情報を駆使して運転手を目指せ|華麗に転職する技

就職に臨む前に

求人に応募する

玩具のバス

バスの運転手になるためには、運転手の求人を見つけて応募してバス会社の社員にならなくてはいけません。
まず、ハローワークや求人サイト、バス会社のwebサイトなどで求人をしているバス会社を探します。
そして、求人に応募をすると必要な書類の案内が来るので、履歴書、運転記録証明書、運転免許証の写し等を揃えてバス会社へと郵送をします。
この際は履歴書に記入漏れや間違いのないように見直すことと、すべての書類が揃っているかを確認しておきましょう。
なお、運転記録証明書は、地方自治体の交通安全運転センターの事務所で受け取れます。
書類がバス会社に届くと会社側で書類選考が始まり、合格者には採用試験の通知があります。
試験では性格審査、面接、運転適性検査等と実際にバスを運転する運転技能試験が行われます。
試験の内容は企業ごとに違いはあるものの、運転の実技試験は必ず行われるので当日は実技に支障のないように準備が必要です。
この後健康診断を受けて再び審査となり合格をすると案内が送られてくるので、これでバスの運転手に内定ということになります。
入社すると車内の研修を受けてその後は、運転手としてお客さんをバスに乗せて目的地まで送り届ける勤務につきます。
このように、運転の実技試験はありますが、求人に応募して採用に至るまでの流れは、他の業種の場合と変わりはありません。
バスの運転手になりたいという方は、以上の流れを掴んで余裕を持って求人に応募してください。

地元で長期間働ける

人形とバス

運営母体の違いによってバスには公営と民営の2種類が存在し、それぞれ運転手になるメリットや魅力が異なるため、就職をする前にきちんと把握しておくことが大切です。
まず公営バスですが、これは運営母体が地方自治体のため公務員採用となる点がメリットです。
給与は公務員基準のため収入も安定しており、身分も保証されます。
また残業や休日出勤はありますが、ブラック事業者とは無縁のため働きやすい労働環境も魅力となっています。
一方、民営バスは運営母体が民間企業であり、事業者ごとにメリットや魅力も多種多様です。
例えば、大型二種免許の取得がまだでも採用をしてくれる会社が民営には多い点も注目されます。
現在は多くのバス会社が運転手の不足に悩んでおり、幅広い人材採用を行っているため大型二種免許の取得サポートが民営のバス会社ならば期待できます。
さらに民営の場合、運賃以外にも関連サービスのチケット販売などでインセンティブボーナスが増えたりと、収入の積み増しが可能な会社が多い所もメリットに数えられます。
また公営、民営を問わずにバス運転手になるメリットとして、転勤があまりない点も挙げられます。
基本的に採用された地域で長期間働くことが運転手の仕事では多く、路線そのものが廃止されない限り仕事が安定しています。
このようにバスの運転手の仕事はメリットや魅力が複数存在し、かつ公営か民営かの運営母体の違いも影響するため、求人をチェックするときには頭に入れておく必要があります。

いろいろな場所にも行ける

バスを持つ人

人を乗せて目的地まで送り届けるという運転手の仕事にも様々な職種が挙げられます。
例えば、タクシーやバス、電車などです。
中でも現在では、バスの運転手として仕事をしたいと希望する人も増えており、人気が集まっています。
しかし、バス会社へ入社を希望するにも数多くの求人があるため、勤務時間や雇用形態などをきちんと確認することが重要となります。
それには複数のバス会社を比較してみるのもひとつの方法です。
なお、バスを運転するためには大型二種免許といった免許が必要になりますが、免許取得をサポートしてくれる制度もあるので、これから免許を取ろうと思っているかたは参考にしてみてください。
未経験でも研修が充実していれば一人前になれる可能性も高い仕事です。
また、バス運転手の初年度の年収は一般的なサラリーマンの年収よりも高いことも多く、それが人気の理由のひとつにもなっています。
バス会社のなかには勤務内容が乗務員評価によって良ければ昇給する制度や、回数券の売り上げなどで手当てが貰える制度を導入しているところもあるので、さらに年収がアップするかもしれません。
運転中は上司や後輩などと接することもないため、気楽でストレスが少ないと感じる運転手も少なくないそうです。
そのため職場の人間関係で悩みたくないというかたに向いているかもしれません。
最近は40代の運転手でも若手と呼ばれるそうですが、バス運転手は基本的に定年まで長く働けるという特徴もあります。

就職に臨む前に

玩具のバス

バスの運転手に就職するには、最初にバス会社の求人に申し込んで、会社からの案内で説明されている書類を準備し送り届け書類選考を受けます。書類選考に通ると性格審査や面接、運転技能試験を受け、これに合格すると健康診断を受け、さらに審査を経て内定をもらうという流れになります。

もっと読む

職業ドライバーの収入

男性

タクシードライバーの年収は意外に低く250万円から290万円と言われています。タクシードライバーは歩合制で収入が変わるため、努力次第で年収がアップすると言われています。客単価を上げる工夫をすれば年収が上がります。

もっと読む

需要の高い運転の仕事

婦人

運転手の仕事といっても、どの職種に就きたいかによって仕事内容や給料のシステムが異なります。大阪では、運転手としての求人が豊富に揃っていますので、未経験からでも勤務することが可能な企業もあります。さらには、資格取得のためにサポートしてくれる会社も存在します。

もっと読む